2017年11月27日明光ニュース 11月号 外壁補修工事

 施工前施工後

今年も早や11月(霜月)、近頃は温暖化により、季節感を感じられなくなっていましたが、今年は気温も下がり秋らしい寒さを感じられ、紅葉の美しさも目を引きます。福井県の奥越では初雪され、いよいよ北陸の冬が近づいてきています。寒さに負けず頑張っていきたいと思います。

さて、今回ご紹介させていただきます案件は、築35年を経過している鉄骨造の建物の壁からの漏水で悩みを受け、外壁の改修工事をさせていただきました。

外壁はALC板とタイル張りで10年程前に塗装に塗替え工事を行っていたのですが、劣化がひどく外壁本屋にも損傷が及び、あちらこちらから漏水がひどく弊社に相談を受け調査した結果、塗装での改修では不可能であると判断し、金属サイディングで覆うことにしました。

 

【仕様材料】

ケイミュー株式会社 金属サイディング“はる・一番”

 

【特徴】

  1. 軽量設計であるため建物の負担が少ない3.5kg/㎡
  2. 高い断熱性があります(硬質イソシアストレートフォーム使用)
  3. 色あせに強い(遮熱性フッ素焼付塗装)
  4. 不燃材料認定(不燃材料認定番号NE-0017)
  5. 役物(難しい施工箇所)への水密材使用により省施工化

 

この製品を施工することにより、漏水も無くなり、美観もすぐれお客様からも満足の言葉を頂きました。

これからも、お客様により良い提案施工に取り組んで参ります。

本社 工事営業部 部長 山口明寛