2018年7月5日2018年7月5日 明光ニュース 7月号 ②

暑中お見舞い申し上げます。

平素は、弊社への格別のご厚情を賜りまして誠にありがとうございます。今年は例年に比べ梅雨時期の雨が少なく、関東方面では夏場の水不足が心配されております。

今年は50年振りに福井で国体が開催されます。4~5年前より国体に向けての周辺整備事業で福井県内は建築・土木工事とも多数の建築物が立ち並び、既存体育館などの改修工事も多数竣工されております。北陸新幹線の延伸工事も平成35年の春開業に向け高架工事やトンネル工事が進んでおります。大型公共工事による地方の景気上昇の気運が感じられます。また弊社におきましても、天気の続くこの時期はたくさんの工事依頼のご用命を頂きまして感謝する事しきりでございます。

暑いこの時期によくご提案させていだだいているのが、自社開発商品で遮熱・断熱・消音・重防食の機能を併せもった「シポフェース」という塗材です。

シポフェースを用いた屋根。 遮熱性・消音性・防水性・防錆にとても優れているので節電等の省エネ効果も期待できます

 

こちらは金属・スレート・コロニアルなどの屋根や壁に塗るだけで太陽の熱を跳ね返し、屋根表面温度を20℃~30℃も低下させる事ができる環境対応型の遮熱塗装です。太陽から降りそそぐ強力な輻射熱の9割近くを跳ね返し、建物の部屋内の温度上昇を抑え住環境を改善いたしますので、ご興味をもたれましたら弊社ホームページ(http://meiko-k.co.jp)より詳細をご確認いただけると幸いです。

弊社は、今後益々環境エコと省エネ商材の開発・販売に力を入れ、お客様にエコで快適な住環境を提供できるよう企業努力を続けていきます。

まだまだ暑い日が続きますが、皆様のお会社や社員様、そしてご家族様が心身ともに健康な毎日を過ごされるようお祈り申し上げます。

 

代表取締役社長  塩谷 和宏