2018年7月5日2018年7月5日 7月号 明光ニュース ①

暑中お見舞い申し上げます。

今年は、異常続きで、豪雪から始まりまして、地震が各地で起こっております。巷では、今年の夏は猛暑と言われております。

本年は、福井県で国民体育大会が開催され、弊社の廻りでは新幹線の橋桁やトンネルが掘られており、行き交うダンプの数も日増しに増えております。

歴史的な米朝会談が行われて、愈々第二次世界大戦の終焉を迎えられ、北と南が一体となることで在韓米軍が解放され、北の守りについていた国連軍もいらなくなります。北朝鮮には地下資源が韓国の15倍も眠っております。

10ヶ月後には年号が変わり、来年10月1日よりは消費税が10%になります。そして、2020年東京オリンピックとなり、その後からは少子高齢化とエネルギー問題で大変であります。

弊社もAIやIoT等、社内は50インチカラーテレビが14台設置されていて、仕事の指示から管理まで、そして位置情報も全社員に知らされていて、合理的で公平な仕事のやり繰りを行っております。

 

我々は、新社屋を昨年建設して、200台を越える駐車場と50人規模のセミナー室を無料開放して、勉強会や地域のコミュニティを後押ししております。

お陰さまで、狭い旧事務所よりも1.5倍の来客数となっており、弊社は倫理法人会や中小企業家同友会に加入していて、役員会や懇親会にセミナー室を利用して頂いております。

 

 

ご報告でございますが、先般、認定特定非営利活動法人PHIJP協会に入会して、不肖私が副理事長を拝命いたしました。新事業として、ZEHビルダー登録も済ませまして、2年後の2020年に「住宅の省エネ基準の義務化」が予定されています。実はこの2020年問題を知らないと、せっかく建てた住宅の資産価値が激減する危険性があるのです。35年の住宅ローンを組んだのに、僅か数年で違法建築扱いされてしまうといった悲劇が起きないように、しっかり学んでいきましょう。

ご自愛頂きまして、厳しい夏をお過ごしください。             

代表取締役会長  塩谷 昭文